業者を選ぶ前に

未分類 0 Comments

トナーカートリッジの種類には純正品・海外純正品・汎用品・リサイクル品という物があります。実際にはもう一つ互換品という物があるのですが、構造上の欠陥やプリンタ本体を故障させる原因となる事が多いため、これらの商品は選ばないのが賢明でしょう。一応値段については相応に安くなってはいますが、本体が故障してしまっては値段以上の修理費を取られる事となってしまいます。

これらのトナーの内、リサイクルトナーをお勧めするのはその価格の安さからです。トナーは一度つけたら以後一生使っていられる、という物では無く、消耗品となっています。つまり継続して経費を圧迫する元となるため、極力そういった出費は低く抑えるべきであり、同時に品質もある程度のものを維持するように考えると、リサイクルトナーが最も適していると言えるのです。また、リサイクルトナーを販売している業者の内、どの業者から購入すればよいのかという判断もこのバランスが重要になってきます。

リサイクルトナーの業者の内他社と比べあまりにも低価格で販売している業者は避けた方が良いでしょう。会社という物が利益を出さなければならないという組織である以上、その商品に対する出費を収入である販売価格が下回っては赤字になるからです。昨今ではリサイクルトナーの価格競争は激化しており、どこの業者もギリギリまで人件費や輸送費を削りながら販売しています。そんな中、急激に安い商品を提供できるというのは赤字と割り切っているか、もしくはトナーのメンテナンス高低を省いた粗悪品を販売しているかの二択になります。どこまで詰めた所で輸送費や人件費は他社も努力している事を考えるとそれほど差ができる事はないでしょう。そうした場合、前述の通り、会社が利益を基準にして動かなければならない以上、赤字と分かって販売する事は稀となります。つまり、異常なまでに低価格で販売している業者は粗悪品を提供している可能性が高くなるため極力購入しない方が良い、という事になるのです。