未分類 0 Comments

リサイクルトナーの優良品を購入するために信頼できる業者を選ぶにはどうするのが良いか、というと、まずは市場の適正価格を調べる事が重要となります。価格比較を出来るようなサイトで平均的な価格を調べ、そこから大きく逸脱しない範囲での低価格で販売している業者をいくつか目星を付けておきましょう。それらの業者の中で、自社の電話番号などの連絡先を載せていたり、商品補償についての記述がしっかりとなされている所は信用度が高い業者といえます。自社で販売している商品についていつでも電話で質問を受け付けるという姿勢や、補償をしっかりと行うという事は、その販売している商品に対してそれだけの自信があるという事でもありますし、万が一問題が発生したとしても、保障がしっかりとしているのであれば安心できます。

これらのことに注意を向けて信頼のできる業者でリサイクルトナーの購入をすれば中古品であってもしっかりとした品質で商品を使える事でしょう。長期間プリンターを使い続けるのであればトナーもその都度交換しながら長く使うものとなります。一度信頼置ける業者を見つけることができればその後の購入はその業者に任せてしまっても良いですし、トナー補充の都度新たな業者を開拓しても良いでしょう。これらの良い業者の見分け方を覚えていただければ必ず優良な業者に巡り合えるはずですので、ぜひ試してみてください。

未分類 0 Comments

トナーカートリッジの種類には純正品・海外純正品・汎用品・リサイクル品という物があります。実際にはもう一つ互換品という物があるのですが、構造上の欠陥やプリンタ本体を故障させる原因となる事が多いため、これらの商品は選ばないのが賢明でしょう。一応値段については相応に安くなってはいますが、本体が故障してしまっては値段以上の修理費を取られる事となってしまいます。

これらのトナーの内、リサイクルトナーをお勧めするのはその価格の安さからです。トナーは一度つけたら以後一生使っていられる、という物では無く、消耗品となっています。つまり継続して経費を圧迫する元となるため、極力そういった出費は低く抑えるべきであり、同時に品質もある程度のものを維持するように考えると、リサイクルトナーが最も適していると言えるのです。また、リサイクルトナーを販売している業者の内、どの業者から購入すればよいのかという判断もこのバランスが重要になってきます。

リサイクルトナーの業者の内他社と比べあまりにも低価格で販売している業者は避けた方が良いでしょう。会社という物が利益を出さなければならないという組織である以上、その商品に対する出費を収入である販売価格が下回っては赤字になるからです。昨今ではリサイクルトナーの価格競争は激化しており、どこの業者もギリギリまで人件費や輸送費を削りながら販売しています。そんな中、急激に安い商品を提供できるというのは赤字と割り切っているか、もしくはトナーのメンテナンス高低を省いた粗悪品を販売しているかの二択になります。どこまで詰めた所で輸送費や人件費は他社も努力している事を考えるとそれほど差ができる事はないでしょう。そうした場合、前述の通り、会社が利益を基準にして動かなければならない以上、赤字と分かって販売する事は稀となります。つまり、異常なまでに低価格で販売している業者は粗悪品を提供している可能性が高くなるため極力購入しない方が良い、という事になるのです。

未分類 0 Comments

プリンタの消耗品にして必ず必要となる部品がトナーと呼ばれるものです。トナーにはいくつかの種類があり、それぞれに価格帯の違いや安定性の違いなどがあります。

まずオーソドックスな純正品はプリンタ本体のメーカーが国内で製造販売している物で、価格は少々高くなりますが安定性としては最も信用の置けるものです。続いて、海外純正品は本体メーカーが海外向けに製造したものを逆輸入したもので、品質は基本的に純正の物と変わらないのですが、海外との価格差分安く手に入ります汎用品は本体メーカー以外が製造したもので、ノーブランド、OMEとも呼ばれるものです。品質は安定しているため問題なく使用でき、価格も正規品より安価で手に入れる事が出来ます。これらのものは基本的に新品で販売されている物を前提として説明しましたが、次はリサイクル品です。純正品の使用済みトナーを洗浄、修理、再生等の工程を経て再利用できる形にして売り出される商品で、価格は上記の物よりも安く手に入れる事が出来ます。仕様が純正品と同じなため安定性もある程度は保障されますが、やはり中古品であるため多少の品質劣化は見られる事が特徴となります。

以上のようなトナーカートリッジの内、特にリサイクル品の購入についてこのページでは説明します。リサイクルトナーを購入する際にどのような業者を選べば価格面で損する事なく購入できるのか、という点について説明しますので、トナーカートリッジの購入について悩まれている方はぜひ一度読んでいただき判断の足しにしていただければと思います。